椎間関節性腰痛

腰痛の原因が椎間関節部にあるものの総称として

椎間関節性腰痛」といいます。


急性症
は椎間関節捻挫と呼ばれギックリ腰の最も代表的ものです。


慢性症は加齢による変性を基盤とした椎間関節症で、

変形性脊椎症の多くはこの病態が関与していると言われています。

病態

関節の外部は関節包で覆われ、関節包の内側は滑膜を有しており、

重い物を持ち上げたり急激な体位の変換によって

関節捻挫や亜脱臼を起こすと言われています。


つまり、関節包が過伸展によって炎症や出血や部分断裂を起こし

急性の腰痛を発生する


分かり易く言うと腰部の捻挫

筋・筋膜性腰痛

腰痛の原因が筋肉や筋膜に原因があるものを

筋・筋膜性腰痛」と言います。

椎間関節性腰痛に次いでギックリ腰の原因になっています。

病態

腰背部の筋は浅背筋と深背筋に分かれています。

この筋・筋膜性腰痛に関与する筋は深背筋です。

深背筋の中で最も関連のあるものが脊柱起立筋と呼ばれる筋群で、

腰背部を縦走する長大な筋で内側の最長筋と外側の腸肋筋に大別されます。

そのほか、棘突起の外縁部には多裂筋、回旋筋などの小筋群があり、


棘突起の近位で痛みがある場合これらの小筋群の障害が考えられます。

一般には強い筋力が発生した時、ゴルフなどのスポーツをした時、

体の捻転で筋力のバランスが崩れた時に起こります。

つまり、腰背筋の筋や筋膜の過伸展、部分断裂、

そしてこれらの損傷に基ずく炎症等が痛みの原因
になります。

分かりやすくいうとと「肉ばなれ、スジ違い

痛みは最初あまりひどくなくても時間の経過とともに強くなる傾向があります。


慢性の筋・膜性腰痛とは急性の筋・筋膜性腰痛が慢性化すると

結合組織の増殖や筋膜の肥厚が生じてきます。

これらの変化は局所の炎症に基ずく循環障害が原因です。


特に背筋がオーバーワークの状態に陥ると筋に異常な緊張が起こり

循環障害や酸素欠乏や疲労物質の蓄積という悪循環をきたし

その結果、腰背筋の疲労による慢性の筋肉痛が出現します。

分かりやすく言うと「急性期からの変化で血液循環が悪くなりコリが出来る、その為筋肉が疲労しやすくなり痛みが起こる

棘間靭帯・棘上靭帯の損傷

腰椎の棘突起上には棘上靭帯が縦走しており、

棘突起間には薄い棘間靭帯とその両側を覆うように棘間筋が

付着しています。

病態

これらの組織がギックリ腰と同じような原因で過伸展や部分断裂を起こしたもの

分かりやすく言うと「スジに強い力がかかった為に起こった炎症

変形性脊椎症

X線像にみられる脊椎の特徴的な骨変形による

40歳以上の中・高年層にみられる慢性の腰痛症

病態

椎間板の変性、椎体の変形や循環障害、椎間関節の関節症性変化

靭帯の緊張や肥厚、傍脊柱筋の疲労などが重なり発症する障害。

姿勢性腰痛

腰部の鈍痛や重苦しさを訴える慢性腰痛で、

日常の不良姿勢が原因のもの。

病態

日常生活の不良姿勢が習慣になると凹円背の姿勢が固定化され

腰部の前彎が増強し、やがて脊柱起立筋が拘縮を起こし

筋の疲労現象が出現します。さらに前彎増強が長期に渡ると

起立筋の循環障害や疲労現象だけでなく椎間関節に障害を起こします。

分かりやすく言うと筋肉の血液循環障害、筋疲労、筋拘縮による痛み

脊椎すべり症

椎骨が正常な位置から前方に移行している状態で、

棘突起に階段状の段差変形があるもの。

病態

脊椎すべり症は大きく分けて「分離・すべり症」と
「仮性すべり症」に分類されます。

分離症の原因は骨格の未発達な成長期に起こる疲労骨折

10〜15才に多く、この時期にスポーツを行なっていたものは

行なっていないものより、その発生頻度が約3倍以上になると

言われています。


なお、分離があっても、必ずしもすべり症が起こるとは限らず、

分離に伴うすべり症の発生率は10〜30%といわれています。


「仮性すべり症」は腰椎の変性に起因する不安定性が原因で

椎間関節に関節症性変化を生じ、関節突起間の離断なしに

前方にすべりを生じるもの。


「分離・すべり症」にしても「仮性すべり症」にしても

これらが腰痛の直接的な原因ではないと考えられていて、

一般的には椎間関節の不安定性や異常動揺により、

椎間関節包に分布する知覚神経が刺激されたり、

関節症性変化のために椎間関節性疼痛を引き起こすことが

原因であろうといわれています。


さらに、一般の健康人でも脊椎分離症は5〜6%存在しますが、

何ら痛みを訴えることはありません。


つまりこれらはあくまで「状態」であり「原因」ではないと言えます。

椎体の圧迫骨折

圧迫骨折は転落、交通事故、重量物の落下など強い外力によるものですが、

老人の場合、骨粗しょう症の状態になっているので

激しいクシャミをした、布団の上で尻もちをついたなど

日常のわずかな外力でも骨折する事があります。

病態

単純圧迫骨折、粉砕骨折、脱臼骨折に分類されます。

一般的なものは椎体の前方が潰れたもので

第11胸椎から第2腰椎で胸椎腰椎移行部と言われるところに

多発します


ただし、骨折といってもヒビ程度のものがほとんどです。