応急処置の基本

ケガをした時の応急処置を頭文字をとって
R I C E」といいます。
ご自分で出来る事も多いので是非覚えて下さい。
以下にそれぞれをご説明します。

R (Rest レスト 安静)

ケガをしたところを無理に動かすと症状が悪化します。
なるべく動かさないようにしましょう
足首の捻挫などはもちろん、ギックリ腰も同じです。

接骨院では包帯固定を基本に特殊な固定材料も使います。

I (Ice アイス 冷却)

ケガをしたら出来るだけ早く冷やしましょう
氷嚢やアイスノンなどがあれば患部に当てて冷やして下さい。
冷やし過ぎないようタオル等で調節して15分を基本に
休みながら数回繰り返して下さい。

C (Compression コンプレッション 圧迫)

患部の内出血と腫れを最小限にする為に圧迫をします。
弾性包帯などがあれば患部に巻いて圧迫固定をして下さい。
但し、過度な圧迫は循環障害の原因にもなりますので一般の方は行わない方が無難です。
早めに接骨院へ来て頂いた方が良いと思います。

E (Elevation エレベーション 挙上)

ケガをした患部を心臓より高くしましょう
静脈血の流れを良くする事で腫れを最小限に抑えます。
足や手のケガであれば就寝時、マットなどに乗せる事をお勧めします。

RICE処置の注意点

RICE処置あくまでも応急処置ですので安易に自己判断せず
早めに医療機関を受診しましょう。